薬学部の変遷

薬剤師の国家試験

薬剤師は国家資格であるため、国の定める国家試験に合格しないと薬剤師になることはできません。ただし、その国家試験は誰でも受験できるというわけではありません。薬剤師になるためには、高度で専門的な知識や技術が必要です。そしてその知識や技術というのは、一般の大学や自主学習では習得することはできません。そのため、そういった知識や技術を学び、習得するための教育機関が設けられています。それが薬科大学や、大学の薬学部です。

 

薬学専門の教授や研究・実験設備を備えた大学、学部で、薬剤師に必要される知識や技術を徹底して学ぶようになっています。そのような大学を卒業することによって、はじめて薬剤師の試験を受ける資格を得ることができます。

 

もちろん、所定の単位を取得し、学校から卒業を承認される必要もあります。また、薬剤師に必要な知識や技術は医学の広範囲に渡っており、そのため、試験の設問は、4分野200問もあります。そして特徴的なのは、合格基準です。

 

 

全体の点数が合格基準になっているほか、各分野における最低の点数も基準となっている点です。全体の点数が高額基準に達していても、ある分野が合格の最低の点数を下回っていると、結果的に不合格となってしまいます。

 

つまり、偏った知識ではなく、薬学・医学全域に渡って知識が必要とされるのです。薬剤師の試験が難しいといわれているのは、そういったことがあるからです。

薬学部は6年制

一般の大学は4年制で、一般教養2年、専門2年となっているのが普通です。しかし薬学部の場合は6年制をとっています。その理由にはいくつかありますが、薬剤師の国家試験を受ける資格を得るためには、6年制の薬学に関する専門学校を卒業しなければならない、という決まりがあるからです。

 

受験する資格で決められているので、学校側は必然的に6年制とならざるをえません。 しかし、こうなったのはそれほど前のことでなく、2006年に改正法によって決まりました。それまでは、薬学部も普通の大学と同じように4年制で、薬剤師を目指す人は、大学院にいってさらに2年勉強するというのが一般的でした。必ずしも6年制の学校を卒業していることが、受験資格の必須条件にはなっていなかったのです。

 

ではなぜ6年制が必須になったのかというと、ひとつは、医学の進歩があります。

 

医学の進歩は日進月歩と言われているように、毎日のように新しい発見や発表があります。治療方法も日々進化し、新しい薬剤も沢山生まれてきています。また、これまでの医療が間違っていたことが判明したり、別の治療法が効果があることがわかったりと、情報の変化は大きいものがあります。

 

そういった変化、進化を学ぶには、従来の一般教養を含む4年では短くなってきているということがあります。そこで勉強の期間が6年に延長されました。

 

どうして6年になったのか、5年や7年ではだめなのか、という疑問はありましたが、従来の4年制十2年間の大学院合計して6年というところから、当面の基準として定められました。この先の状況によっては、変わる可能性はあります。

現在は移行期間

薬剤師の試験を受けるには、6年制の専門学校、大学を卒業していることが条件として2006年に定められましたが、では、4年制の学校は絶対受けられないかというと、実はそうではありません。

 

改正法が定められる以前の4年制の学校を卒業し、2年間の大学院を卒業すれば、今は薬剤師の試験を受ける資格があるとみなされています。今は、と書いたのは、あくまでも暫定の措置であり、移行期間として平成29年度までの限定となっているからです。

 

大学の改定や学科の新設には長い準備期間が必要です。4年制の学校は薬剤師の試験を受けられないと決まっても、すぐに全ての大学が対応できるわけではありません。急な移行は学科の廃止を強要することにもなり、薬剤師を目指す人が減るというリスクがあります。

 

これは日本の医療業界にとっても重大な問題なので、行政の方で移行期間を儲け、その間に薬学部を新しく設けるなり、薬科大学への分校、移行を促すようにしています。

 

この移行期間は学生の立場のことも考えられていて、今4年制の大学に通っている人は、そのまま大学院に進み、卒業すれば薬剤師の試験を受ける資格を得ることができるので、あらためて薬科大学や薬学部に入りなおす必要はありません。

 

今の日本の状況に即した対策を、改正法はよく考えらて決められています。

 

6年制の大学に入った学生は、この先も薬剤師を目指すことになりますが、4年制の大学に通っている学生は、ある程度、その先の進路に選択肢が多いというメリットはあります。

チーム医療

薬剤師のなるために通う大学が6年制になったのは、他にも理由があります。それは医療形態の変化です。

 

以前は医療というのは、医師が診断、治療を行い、さらに薬を決めて提供するといったように、一人で全てを行っていました。これは町医者から大学病因や総合病院などの大病院であっても同様で、医師が全ての医療行為に対して責任を持ち、治療にあたっていました。

 

医療が今ほど煩雑でなく、治療方法もそれほど多くない時代はそれでもよかったのですが、今は違います、医療技術は大幅に進化し、その分野は多岐に渡り、薬剤に関しても、とても一人の医師では把握し切れないほどの種類が出てきています。

 

医療分野が分かれてもその時様態は同じで、消化系の専門の医師という肩書きがあっても、全ての消火器の治療や薬剤について詳しいというわけではなくなってきています。医療分野でも分業が進み、専門性が高くなっているのです。

 

 

そのため現在の治療というのは、チーム医療という形態をとるようになってきています。チーム医療というのは、医師個人で医療全般をこなすのではなく、医師を中心として、看護師、薬剤師、栄養士、トレーナー、カウンセラーなど、様々な分野の専門家でチームを構成して患者さんの治療にあたっていくという方法です。

 

このことは言い換えると、医師は診断、治療に専念し、薬剤などのことは他のエキスパートに責任をもってまかせることであり、薬剤師にとってみると、それまでは薬剤のことのみに集中していればよかったのが、治療全般や患者さんの具合をみるといったことも必要になってきます。

変わる薬剤師の役割

チーム医療は今では多くの病院が取り入れています。大学の名前が付く病院や総合病院、各地の厚生病院など、規模が大きく、多分野の治療を行っている病院では、ほとんど取り入れているといっても過言ではありません。それだけ医療というのは範囲が広がり、そして専門性が高くなっているからです。

 

一人の医師が全てを抜けなく行うというのは今は実質的には不可能で、医師以外の医療関係者、看護婦、薬剤師、栄養士、リハビリトレーナーなど、治療に関係する巣へ出の関係する専門家でひとつのチームを組み、患者さんの治療にあたるのが一般的になっています。

 

1〜2ヶ月で治療できる骨折や病気などの場合は、チーム医療といってもそれほどの規模ではありませんが、がんや白血病など難病などになると、単に治療だけでなく、メンタル面でのケアも必要不可欠になってきます。

 

以前はその役目は医師でしたが、今は薬剤師がその役割の多くを担っています。病院の中では、薬剤師は医師に次いで患者さんと接する機会が多いからです。

 

単に薬剤を患者さんに渡すだけでなく、治療の具合や副作用、患者さんの感じ方、意見など、直接接することがわかることは沢山あります。患者さんの治療具合を正確に把握し、医師に伝えたり、薬剤の種類や量を変えるアドバイスをするなど、昔と比べると薬剤師に求められる役割は大きく変化してきています。

 

やりがいはありますが、責任も重くなってきているのです。また、このような役割の変化に伴って、以前と比べて薬剤師に向いている人、向いていない人というのがはっきりしてきています。

 

もし薬剤師を目指しているのであれば、自分は本当に薬剤師という仕事に向いているのかどうか、しっかりと考える必要があります。