レーザーには、特定の色のみを感知するという特徴があります。レーザー脱毛はその特徴を利用して毛母細胞の部分にのみ熱を加え、毛母細胞を破壊することによって再び毛が生えてこないようにします。ただレーザーといっても、身体や肌に影響がないように出力をコントロールしているので、人体への影響はありません。

 

レーザーを使った脱毛のよい点は、まず、痛みをほとんど感じないことがあります。

 

自分で抜くのは慣れていても痛いもので、デリケートソーンでは特にその痛みは気になりますが、レーザーなら痛みを感じることなく脱毛をすることができます。レーザーで熱を加えるといっても、痛みを感じるほどの温度ではないからです。

 

また、私達日本人の肌の特徴として、欧米人と比べてメラニン色素の割合が多いということがあります。レーザーはシミやほくろを除去するのにも利用されるので、そういう点でも日本人にとっては安心して受けられる永久脱毛です。

 

最初の頃は火傷をしたなどのトラブルはあったようですが、今では施術の技術も進歩したので、跡が残ったり火傷をすることはまずありません。。現在美容外科をはじめとする医療機関で広く使われていることから、その安全性は確実といえます。

 

また、自分で処理した場合に比べてわきの下のように黒ずみになったりすることがないので、レーザー脱毛を受ける人は徐々に増えてきています。