永久脱毛で後悔しないために、注意点は必ず確認しておきます記事一覧

永久脱毛を受ける際、自分自身で気をつけておくべきことがあります。それは、脱毛する部位の肌の保温です。保温というと顔に意識が集中しがちですが、脱毛する部位の保温はとても重要です。その一番の理由は、肌が乾燥していると永久脱毛の効果が出にくくなるからです。脱毛の方法にかかわらず、肌が乾燥していると毛母細胞への作用が弱くなり、毛母細胞が破壊しにくくなります。ある程度水分がないと脱毛はうまくいかないのです。...

脱毛を受けている間は、肌への負担やダメージはほとんどないとはいっても通常とは違う刺激が加わるため、特に敏感になっています。そのため、もし強い日差しを受けたり日焼けをしたりすると、肌に思わぬトラブルが起こることがあります。脱毛をする際には肌の保温が大切ですが、日焼けをすると肌は乾燥してしまうので、脱毛がうまくできません。また、色素沈着を起こしやすくなったり痛みを感じるようになったりします。脱毛をして...

永久脱毛を受けている期間中に、妊娠した、あるいは妊娠していることがわかった時、脱毛はやめた方がいいかどうか、という問題になります。結論からいうと、脱毛の処理そのものは、胎児に悪い影響を与えることはありません。レーザー脱毛でも、レーザーは皮膚の表面から数ミリまでしかとどかないほどの弱さなどで、母体にしっかり守られている胎児に届くことはありません。また電気針を使った脱毛でも、電気が胎児にまで流れること...

レーザー脱毛では、レーザーを毛根に照射して毛を生成する働きをしている毛母細胞を破壊し、永久脱毛をします。レーザーは毛に含まれているメラニンに反応するようになっているので、メラニンが肌などにあると、そちらにもレーザーが集中してしまい、肌を傷める原因になります。また肌の保温が十分でないと、シミやくすみの原因になることがあります。毛質が硬い部分では、毛母細胞を破壊するためにレーザーを強くしなくては脱毛で...

永久脱毛を受けるには、エステサロンか美容外科などの医療機関に行くことになりますが、実際に行く前に、脱毛の方法をはじめとしていろいろなことを調査するのが一般的です。そしてその中でも一番重要と言えるのが、エステサロンや医療機関の調査です。その理由は、色々な意味で信頼できるところを選ぶためです。脱毛の技術は超一流であっても、事前に行われる調査のカウンセリングがいいかげんであったり、費用を間いても明確な回...

脱毛後は、ダメージはないといっても肌は敏感な状態になっているので、脱毛後のケアはとても大切です。そのため、肌に刺激を与えるようなことは避けなくてはなりませんが、自分でケアすることも大切な処置になってきます。まず必ずすべきケアとしては、保温です。普段から肌にとって適度な保温は必要不可欠で、水分が足らなくなると乾燥して様々なトラブルのもとになります。脱毛後の肌は特に乾燥していますので、できるだけ早くケ...

永久脱毛は、どんな方法であっても肌への負担や影響が全く無いというわけではありません。 人によっては多少の影響が出ることがあります。そのため、肌が弱い人は事前のパッチテストは必ず受ける必要があります。しかしアトピー症の人になると、もともとの肌の状態が弱く、外部からの刺激に対して敏感になっています。そのため、アトピー症で脱毛となると肌や体調への影響がとても心配です。アトピー症を持つ人の場合、エステサロ...