永久脱毛を受ける際、自分自身で気をつけておくべきことがあります。それは、脱毛する部位の肌の保温です。

 

保温というと顔に意識が集中しがちですが、脱毛する部位の保温はとても重要です。その一番の理由は、肌が乾燥していると永久脱毛の効果が出にくくなるからです。

 

脱毛の方法にかかわらず、肌が乾燥していると毛母細胞への作用が弱くなり、毛母細胞が破壊しにくくなります。ある程度水分がないと脱毛はうまくいかないのです。

 

また、乾燥は脱毛後の肌にも悪い影響を与えます。保温ができていないというのは肌からみると保護幕がない状態であり、外部の刺激を受けやすくなります。そのため、肌荒れが起こったり、シミやくすみを引き起こす原因になります。

 

さらに、保温が十分でないと、もし肌に何かのダメージがあったとき、回復が遅くなってしまいます。ダメージの回復が遅くなるだけではなく、肌の回復も遅くなってしまうのです。こういったことを防ぐためには、普段からしっかり保温をしておく必要があります。

 

顔は普段から保湿に気をつけている人はいても、わきの下なども保湿を意識している人は多くはありません。普段から脱毛する部位の保温を心がけるのが一番ですが、実際には難しいものです。

 

そのため、脱毛を受けることが決まったら、すぐに保温を意識することが大切になってきます。