脱毛を受けている間は、肌への負担やダメージはほとんどないとはいっても通常とは違う刺激が加わるため、特に敏感になっています。そのため、もし強い日差しを受けたり日焼けをしたりすると、肌に思わぬトラブルが起こることがあります。

 

脱毛をする際には肌の保温が大切ですが、日焼けをすると肌は乾燥してしまうので、脱毛がうまくできません。また、色素沈着を起こしやすくなったり痛みを感じるようになったりします。

 

脱毛をしていないときでも日焼けは肌への負担が大きく、赤くなったり火傷などを起こすことがありますが、脱毛をしている間はその危険性がずっと高くなります。

 

そのため、もし日焼けをして肌に何かのトラブルが出てしまった場合は、一旦脱毛を中断し、治まるまで待たなくてはなりません。

 

脱毛をしている期間は、基本的にはなるべく日焼けをしないように心がける必要があります。

 

とはいっても、全く日焼けをせずに半年から一年過ごすことは難しいので、日焼けをしたと感じたら、乾燥させないことが大切です。十分に保温をしてあげることで、日焼けによる影響をほとんどなくすことができます。

 

また、日焼け以外の刺激にも注意が必要です。たとえばお風呂ですが、熱めの湯は避けてぬる目にするなど、肌を外からの刺激から守る配慮が必要です。