レーザー脱毛では、レーザーを毛根に照射して毛を生成する働きをしている毛母細胞を破壊し、永久脱毛をします。

 

レーザーは毛に含まれているメラニンに反応するようになっているので、メラニンが肌などにあると、そちらにもレーザーが集中してしまい、肌を傷める原因になります。また肌の保温が十分でないと、シミやくすみの原因になることがあります。

 

毛質が硬い部分では、毛母細胞を破壊するためにレーザーを強くしなくては脱毛できないことがあり、リスクと共に肌への負担は大きくなります。熱さを感じたり火傷を起こしたりすることもあります。

 

エステサロンで行われる光脱毛は、原理的にはレーザーよりは肌へのダメージは少なく、リスクも低いですが、脱毛効果をあげようとすると、光の強さを強くすることになり、やはりレーザー脱毛と同様に、肌を傷めるリスクがあります。

 

事前のバッチテストは、リスク回避のためにももちろん必要ですが、うまく脱毛できないからといって、安易にレーザーや光の強さを強くすることは非常に危険です。かえってリスクを高めてしまうことになるため、エステサロン、もしくは医療機関とよく相談することが大切です。