脱毛後は、ダメージはないといっても肌は敏感な状態になっているので、脱毛後のケアはとても大切です。そのため、肌に刺激を与えるようなことは避けなくてはなりませんが、自分でケアすることも大切な処置になってきます。

 

まず必ずすべきケアとしては、保温です。

 

普段から肌にとって適度な保温は必要不可欠で、水分が足らなくなると乾燥して様々なトラブルのもとになります。脱毛後の肌は特に乾燥していますので、できるだけ早くケアをする必要があります。

 

ケアの方法は普段しているのと同じで問題ありません。クリームやローションなど、適量をコットンにとり、いつもよりやわらいタッチで伸ばしていきます。このとき、刺激性のあるローションなどは使わないようにします。そして一度に沢山つけず、何回かに分けてつけていくのがポイントです。

 

クリームやローションには刺激がなくても、脱毛後は肌に触れることが刺激になっているからで、軽く触れるようにしてつけていきます。こすったりたたいたりするのは厳禁です。

 

脱毛後、しばらくして肌が赤くなってしまったような場合、自己判断をせず、すぐに脱毛を受けたところに行くか、皮膚科に行って診てもらうようにします。