永久脱毛は、どんな方法であっても肌への負担や影響が全く無いというわけではありません。 人によっては多少の影響が出ることがあります。そのため、肌が弱い人は事前のパッチテストは必ず受ける必要があります。

 

しかしアトピー症の人になると、もともとの肌の状態が弱く、外部からの刺激に対して敏感になっています。そのため、アトピー症で脱毛となると肌や体調への影響がとても心配です。

 

アトピー症を持つ人の場合、エステサロンでも脱毛はできますが、何かあったときのことを考えると医療機関の方が適しています。

 

そうなると、脱毛の方法としては必然的にレーザー脱毛になりますが、アトピーで肌に色素沈着を起こしてしまっている場合は、そこにレーザーが集中してしまうことになり、うまく脱毛できないことがあります。このようなケースでは光脱毛の方が適しており、医療機関ではなく、エステサロンに行くことになります。

 

医療機関に行くか、エステサロンの方がいいのかは、肌の状態で決める必要があります。より永久脱毛の効果が高いのはレーザー脱毛ですが、そのために肌へのダメージが残ってしまっては、脱毛どころではありません。

 

このように、アトピー症を持ち、永久脱毛をしようと考えている方は、慎重に脱毛方法を選ばなくてはなりません。