全身脱毛をする場合、もし永久脱毛をしないなら、抜く、シェービング、脱毛クリームなどの方法があり、永久脱毛をするなら、レーザー脱毛や光脱毛、電気式脱毛などがあります。

 

永久脱毛でない場合は、処理してもまた必ず生えてきます。 そのため、生えてきたらまた脱毛を繰り返します。

 

これに対し永久脱毛は、何度か脱毛を受ける必要はありますが、生えてくる毛は脱毛を受けるたびに次第に少なくなり、最後には生えてこなくなります。ただし、それには個人差があり、全く生えなくなる人もいれば、また生えてくる人もいます。

 

毛母細胞が破壊されないとまた毛は生えてくるのですが、肌の状態や毛質などによって、全部破壊できる人とできない人がいるからです。

 

毛はあるー定のサイクルで生え変わっています。 毛母細胞の働きが止まっている期間があり、脱毛をする時期がその休止期にあたると毛母細胞までレーザーは届かず脱毛できません。そのため、永久脱毛をするためには、何度か脱毛を受ける必要があります。

 

また、―度の照射ですべての毛穴に対してレーザーを届かせることは難しく、これもまた、何度か脱毛を受けなくてはならない理由のひとつです。

 

永久脱毛をするためには、一般的にはニケ月に一度、トータルで一年ほどかかるといわれてるのはそのためです。