毛を抜いたり剃ったりすると濃くなるといわれています。 そして実際に濃くなったという人もいます。

 

しかし、医学的観点から見れば、毛を抜いたり剃ったりしても濃くなることはありません。 濃くなったように見えることもありますが、剃ったりすると毛の根元の断面が見えるようになるため、濃くなったように見えるだけなのです。

 

毛は根元から先端にいくにしたがって細くなっていきます。 つまり、根元あたりが一番太くなっています。 根元を見て太くなったと勘違いするケースです。

 

ただ脱毛には関係なく、自然に毛が濃くなることは実際にあります。

 

毛の濃さというのは男性ホルモンと深い関係があり、男性ホルモンが多いと毛は濃くなります。 女性より男性の方が毛が多いのは、この理由によります。このホツモンのバランスが変わることによって毛が濃くなったり、逆に薄くなったりするのです。

 

そのため、全身脱毛で毛が濃くなるといいたことはなく、もし濃くなったとしたら別の原因、たとえばホルモンのバランスが変わったなどが考えられます。