全身脱毛には、してはいけない人、脱毛したら危険という時期があります。そのため、自分が全身脱毛ができるのかどうか、事前のカウセリングでちゃんと確認するようにします。

 

妊娠している

 

妊娠していること自体は、レーザー脱毛であっても危険性はありませんが、妊娠期間中は肌の状態や精神状態が敏感になっており、脱毛のショックで何が起こるかわかりません。 お腹にいる胎児への影響を考えても、脱毛は危険で避けるべきです。

 

また、全身脱毛でなくても、脱毛自体、避けなくてはなりません。 

 

皮膚炎がある

 

皮膚炎にも軽度から重度まで、様々な状態があります。 軽度ならレーザー脱毛でも出力を下げるなどすれば、それほど危険性はありませんが、重度の場合は要注意です。

 

特に肌に赤黒くなっている部分があると、そこにレーザーが集中し、火傷を起こす可能性があります。 

 

重度の皮膚炎がある場合、脱毛をしていもいいのは、基本は治療してからです。

 

日焼けしている 

 

日焼けをして肌が黒くなっていると、レーザーがその黒い色に反応し、火傷をしたりただれたりする危険性があります。

 

脱毛する前は日焼けしないように注意するのが鉄則ですが、意図せずに日焼けをしてしまった場合、美白剤で元の色に戻すことで脱毛が受けられるようになります。

 

但しその分、費用がかさむのはやむを得ません。

 

ムダ毛の処理をした後

 

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛では、レーザーや光が毛に含まれるメラニン色素に反応して脱毛をします。 そのため、自分でムダ毛の処理をしてしまうと、照射すべき毛がないので脱毛をすることができません。

 

カウンセリングでも必ず念を押されますので、脱毛前のムダ毛の処理は要注意、厳禁です。