医療用レーザー脱毛の原理は、毛に含まれているメラニン色素の黒い色に集中して反応するレーザーを毛穴に照射し、毛を生成している毛母細胞を破壊することで、再び毛が生えてこなくなるようにします。

 

レーザー自体は元々医療用として使われていたもので、肌のメラニン色素に反応し、メラニン色素を除去できることがアメリカで発見されてから、脱毛にも効果があることがわかり、利用されるようになりました。

 

それからしぱらくして日本にも入ってきましたが、最初に使われていたのは、アレキサンドライトという医療用レーザーでした。 元々欧米人の脱毛として開発されたため、効果は高い反面、日本人にとっては出力が強すぎて、よく火傷などのトラブルが起こりました。

 

冷却機能がついていなかったのも、肌のトラブルを起こしやすい原因のひとつでした。

 

今はそういったことを改善したダイオードレーザーという医療用レーザーが主に使われています。 出力を細かく調整できるだけでなく波長も変えられるので、産毛もきれいに脱毛できるようになりました。

 

そして、最も新しいのがロングパルスヤグレーザーです。 パルスレーザーの登場によって、日焼けした肌や、男性の髭などの濃くて太い毛もきれいに脱毛することができるようになりました。

 

肌への負担も少なく、火傷の可能性もほとんどなくなりました。 脱毛の効果は維持したままで、より肌にやさしいレーザーに進化してきているのです。